プレッシャー対処法、大きな重圧を感じた時の対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プレッシャー対処法イメージ画像

大きなプロジェクトを任されたときや大事なプレゼンの前など、大きなプレッシャーを感じて平常心を保てなくなってしまう時があります。

そのままの状態では、プレッシャーに押し潰されて、上手くいくものもいかなくなってしまいがちです。そんな時、どのように対処したらよいのかを考えていきます。

周囲のプレッシャー=応援と受け取る

周囲にプレッシャーをかけられているとき、それは自分への期待値、すなわち応援だと受け取りましょう。期待されているからできると思われていることを「頑張れ」と励まされていると受け取れば、少しは気が楽になります。

期待に必ず応えなければならないと気負うのではなく、周囲に感謝の気持ちを持てばいいのです。

まずはやってみる、という気持ちで

プレッシャーがかかると、気負いから焦ってしまいがちです。しかし、挑戦者の気持ちでプレッシャーに立ち向かい、「まずはやってみる」という冷静な気持ちで取り組みましょう。困難なことが想定される仕事であっても、やってみるとそうでもないこともあります。

もちろん、想定を超えて大変なケースも起こり得ます。でも、そんなことは考えず、目の前のことをひとつひとつ片づけていけば、おのずと道は開けてくるものです。ゴールに近づいていくにつれ、気持ちも徐々に落ち着いていくでしょう。

不安になる理由をみつける

なんとなく気持ちが落ち着かないときは、一度立ち止まって何が不安の要因となっているか考えてみましょう。少しくらい遠回りしても、疑問に感じている点や心配に思うことを解消していった方が、結果的にはスピーディーでトラブルなく物事が進行していくこともあります。

不安な要素が打ち消されれば、プレッシャーに振り回されることはないのです。

完璧を目指さない(80%)

もちろん、100%を目指すのが理想的ですが、100%を目指していると、ちょっとした間違いを犯しただけでも、取り返しのつかないような失敗をしたような気持ちになってしまいます。80%の達成度を目指していれば、まだ挽回できると心の余裕を持つことができるのです。

80%でも上出来といったくらいに気持ちに余裕を持って仕事に臨みましょう。

ただし、これは完璧主義の人にいえること。日頃から楽観的な人は、100%を目指すべきです。

最後に確認して欲しい

前向きに仕事に取り組んでいれば、終わらない仕事はありません。プレッシャーに押しつぶされるなんて損と思えるようになれば、おのずとスムーズに物事が運ぶはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

cta_ss

人気のある記事7選

 

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

フリーランス エージェント
» 続きを読む

再燃したゲームエンジニアへの夢を叶えるには?

» 続きを読む

フリーランスを長く続けるための秘訣を単価相場から考える

相場価格
» 続きを読む

SE独立起業を目指す、フリーランスに必要な求人情報サイト厳選

SE独立イメージ画像
» 続きを読む

在宅も常駐も厳しいフリーエンジニアの現状を打破するためには?

フリーエンジニア 在宅
» 続きを読む

フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

se フリーランス
» 続きを読む

ITエンジニアがフリーランスで成功するための4つの考え方

フリーランス
» 続きを読む