フリーランスの確定申告、申告納税を間違いなくスムーズに済ませる方法 2017

フリーランス 確定申告

2015年9月28日の記事を再構成(文言の追加)をして、2017年度版として作成した最新記事です。

確定申告には「申告納税」と「還付申告」があり、世間一般的に確定申告として言われているのが「申告納税」です。

1月1日から12月31日までの1年間に所得のあった人が、所得税と復興特別所得税の額を申告する手続きで、申告納税は所得と売り上げと経費から払う税金の額を算出し、翌年度に納税をします。

また「還付申告」とは納め過ぎた所得税と復興特別所得税の申告する手続きです。申告期間は申告納税は翌年の2月16日~3月15日に、還付申告は翌年の1月1日から5年間に行います。

続きを読む

「フリーランスプログラマー40歳定年説」を覆す鍵が自分自身にある理由とは!? 2017

こちらの記事は2016年に公開した記事に最新の情報を加筆修正し、2017年版として新規公開したものです。

80年代初頭、二大国と並び称されたアメリカ合衆国とソビエト連邦との間で繰り広げられた軍拡競争が加速し、世界中が、いつ核戦争が起きてもおかしくないほどの緊張感に包まれていました。

続きを読む

起業の道も夢じゃない!40代以降の中年こそフリーランスになるべき理由とは?

起業というと、若者の起業ばかりが目立ちますが、実際に創業セミナーなどの起業をしたい人が集まる場所へいってみると、創業希望者の半数以上が40代~60代くらいの方で、20代の方もいますが全体としては非常に少ないことがほとんどです。アメリカで起業家の支援や育成をしているカウフマン財団の統計調査によると、アメリカで起業家として最も活動している年齢層は、55歳から64歳までで、しかも起業家の平均年齢は年を経るごとに上昇しています。

続きを読む

仕事探しのためにフリーランスは交流会に参加するべきか?

テレビでバラエティー番組のフリートークを見ていますと、今田耕司さんが最近の若手芸人について言及していました。何でも今田耕司さんが若手の頃は、誰もがライバル心むき出しで芸人同士がバチバチとしていたけれど、最近の若手はみんな和やかで仲が良いそうです。

続きを読む

IT業界で飛び交うカタカナ用語を上手に使い分ける方法とは?

2015年12月2日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

ありとあらゆる業界には、その世界もしくは極めて狭い領域でのみ通用する専門用語(テクニカルターム)や業界用語があります。

専門用語や業界用語は、業務を円滑かつ効率的に進めるために不可欠な言葉ですし、時として国境や民族を超えた業界人の共通言語として機能することもあります。

続きを読む

2017年、テレワーク本格化に向けた在宅フリーランスに必要な思考とは?

企業や官庁によるテレワークの導入事例からも分かるように、インターネット環境の充実によって在宅でできる仕事の幅が格段に広がりました。以前ならば在宅でできないことも簡単にできます。その結果在宅で働くフリーランスエンジニアやデザイナーの方も増えているようです。

 

続きを読む