プログラミングの資格取得10選、これなら迷わず決められる

プログラミング資格

「プログラミングを勉強したい」という方は、プログラミングに関する資格取得を目指して行えば、目標が明確となりスキル習得もより早まるはず。そこで、プログラミング関連の資格を10個ご紹介します。また、就職や転職に役立つこともあるので、参考にしてみてください。

 

続きを読む

スマホ タスク管理術(iPhone)

書店に行けば仕事術に関する書籍は数多くありますが、タスク管理に関するものはさほど多くはない印象があります。特にタスク管理術に関しては人にあったやり方があって、一概にこれがベストと言えるものがないのが一番の要因かと思われますが、

人のやり方を学ぶことによって参考にできることは多いはずです。そこで今回は、パソコンとスマートフォン(iPhone)を使ったタスク管理術をご紹介します。

 

続きを読む

職場のメンタルヘルスで仕事効率UP、気持ち整理術5選

仕事は業務や納期とともに、ストレスとの戦いでもあります。仕事をしているとどうしても人間関係などでストレスが溜まってしまいます。過度なストレスはモチベーションを下げ、生産性を低下させるまさに大敵。

そこで今回はストレスが溜まる事態を避けるために、ストレスを上手にかわすための気持ち整理術をご紹介します。

 

続きを読む

仕事術、ストレスを軽減する方法を学びモチベーションアップ

仕事にストレスはつきものです。しかし、過度にストレスを抱えてしまうとモチベーションが下がり、パフォーマンスが落ちてしまう悪循環に陥ってしまうことはありませんか?これは、ストレスによって心の余裕がなくなっていることが原因です。

これが積もりに積もると出社不能になってしまうことも…。そこでフラットな精神状態を維持し、モチベーションをアップするために、ストレスを上手に逃がす方法をいくつかご紹介します。

 

続きを読む

デスクトップの整理で、仕事の効率を上げる

デスクトップの整理

オフィスワークなら1人のデスクに最低パソコン1台が与えられることは当たり前の時代になりました。とはいえ、ボールペンや鉛筆がキーボードに、帳簿がパソコン内の画面に切り替わっただけでやっていることは同じというケースも少なくありません。

とするとかつて机に積み上げられ、ときに散乱していた書類はきっとパソコンの中でゴチャゴチャになっていることでしょう。そんな人たちのパソコンのデスクトップ画面は「とりあえず保存」したファイルで所狭しと埋め尽くされているはずです。

もう少しデスクトップが整理できたら、仕事も効率よく進むのに…

 

続きを読む

自己分析の方法、あなたが思う理想の会社に受かるために

自己分析の方法

「就活でもっとやっておけばよかったことランキング」で堂々1位に輝いたのが「自己分析」です。就活における自己分析は、自分の強みを知り、自信をもって自分を売り込むための大切なプロセスです。

しかし、自己分析を就活だけにとどめていてはもったいありません。日常生活においても自己分析によって自身の特性を知れば、TPOに合った適切な振る舞いができることでしょう。

このように自分を客観的に見ることはとても大事なことなのです。

 

続きを読む

プログラミング検定(情報処理)最短で成果が上がる勉強法

プログラミング検定

ほとんどすべての企業にコンピューターが導入され、家庭にも広くパソコンが普及した現在、情報化社会の主役であるコンピューターを学ぶことは、現代社会を生き抜くための重要な要素となっています。それに伴って、コンピューターに関するスキルを図る様々な資格が人気を集めています。

自分の実力を図るため、またはスキルアップのためにこれらの資格取得に挑戦する人が増えているそうです。

 

続きを読む

情報処理の国家資格、初心者がとるべきITパスポート受験

情報処理国家資格イメージ画像

ITパスポート試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル1)で、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」を対象者像として規定しています。

情報処理の「入門編」とも言える国家資格で企業だけでなく、高校や大学でも資格取得を積極的に推進しています。

 

続きを読む

ITパスポート試験に合格、効率の良い勉強方法

ITパスポート試験合格イメージ画像

ITパスポート試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル1)で、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」を対象者として規定しています。

情報処理の「入門編」とも言える国家資格で企業だけでなく、高校や大学でも資格取得を積極的に推進しています。

 

続きを読む

応用情報技術者試験、1日1時間集中で高度IT人材に合格

応用情報技術者試験合格イメージ画像

応用情報技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル3)で、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象者像として規定しています。

資格取得を推奨している会社も多く、ある程度の経験を積んだシステムエンジニアやプログラマーが挑戦する試験でもあります。また、高度情報処理技術者試験(スキルレベル4)に向けての登竜門的な試験ともされています。

応用技術者試験を受けるということは、ある程度の予備知識はあるはずですので、1年前から始めれば、1日1時間の勉強でも十分間に合うと思われます。

 

続きを読む