嫌われない、ITエンジニア管理職女性社員への接し方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
嫌われないコツイメージ画像

着実に増えてきている女性管理職。今まで男性の上司に慣れてきた人にとっては、女性の管理職にどう接するべきか悩むことがあります。

これまで女性から指示を出されることに慣れていない男性社員は戸惑いがちです。今後ますます増えていくと思われる女性管理職に嫌われないようにするためには、どう接したらよいか考えていきます。

身だしなみを整える

女性は一度生理的な嫌悪感を抱くと、その感情が残りがちです。ビジネスマナーとしても身だしなみを整えるのは当然のことですので、清潔感のある服装を心掛けるようにします。肩にフケが落ちていると目につきやすいですし、ワイシャツの襟や袖の黒ずみにも気をつけたいものです。

不潔のレッテルを張られ、管理職に限らず女性社員に嫌われないように気をつけましょう。

感情的になっても静観する

女性は男性に比べると、怒ると感情的になる人が多くみられます。感情的になっているときに言い返してしまうと、さらにヒートアップしてしまいがちです。ヒステリーを起こしているときには静観し、冷静になったときに改めて話し合いの場を持つようにしましょう。決定的な亀裂が入るのを避けるためにも、自然と感情が落ち着くのを待つようにした方が、丸くおさまりやすいものです。

結論だけ聞かず話は最後まで聞く

女性は結論だけではなく、自分の想いを伝えたいと考える傾向がみられます。結論だけ聞いてサッと話を済ませるのではなく、まだ話が続くようであれば最後まできちんと聞く姿勢を見せると好感を持たれやすいでしょう。また、いきなり否定の意見で返答せず、まずは話を最後まで聞いてから答えるようにしたいものです。女性管理職の気持ちを受け止める姿勢で対応しましょう。

個人的に相談をする

仕事で困ったことがあったときに、個人的に仕事の相談を持ち掛けると、上司との信頼関係が生まれやすくなります。頼られていると感じられることは、誰でも嬉しいものです。相談する機会を持つことは、距離を縮めるきっかけとなるだけではなく、遠回しに自分の意見を伝える場とすることもできます。

最後に確認して欲しい

管理職の女性に嫌われないコツを挙げましたが、特別に女性と意識し過ぎないように接しましょう。上司が女性であろうと男性であろうと本来は関係ありません。

上司と良好な関係を築くためには、仕事で成果を上げることも大切です。もし、人間関係が上手くいかなくなったときも、仕事が評価されていれば不利益な扱いは受けづらくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

cta_ss