コミュ力は重要じゃない?ITエンジニアにとっての本当の営業力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ITエンジニアにとって本当に必要なものは営業力やコミュニケーション能力だ、という人がいます。確かにイーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグのようなエンジニア出身の起業家を対象に仕事というものを考えてみると、営業力は必要なスキルであるかのように感じます。

しかし、エンジニアの誰もが起業を目的としているわけでは当然ながらありません。また、彼らは確たる自分しか表出できない売るべきものがあったから起業家として成功したのであって、それを表出するためのエンジニアとしての突出した能力があったのは確かです。

その意味で、技術ありきの営業力であるわけですから、エンジニアとしての確たるスキルもないのにコミュニケーション能力を求めるのは、まるで自己啓発セミナーに入り浸った結果何も身につかなかった人のようで、関心できることではありません。(もっとも、エンジニア経験の後、営業職として生きていくのならば営業力は必要です)

エンジニアにとって本当に必要な営業力・コミュニケーション能力

営業力やコミュニケーション能力というと、とかく対人スキルのように思われがちです。いかにも口がうまい人や、人たらしの人のことを指す場合が多いですね。

しかしエンジニアにとっての営業力とはその限りではありません。第一、いくら口がうまくても肝心のエンジニアとしてのスキルがなければ、とてもエンジニアとして信用されないでしょう。

かといって、どんなに高い技術力があっても、それが独りよがりでは組織の一員としてはやっていけません。なぜなら、エンジニアに本当に必要な営業力が低いからです。

エンジニアにとって必要な営業力とは?それは同僚や顧客に対し、理解しやすく説明しやすいコードを書き上げることです。”分かり易いコード”こそが、エンジニアにとって本当に必要な営業力なのです。

ビジネスの中では、自分のできることと、やっていることは、行うと同時に説明できなければなりません。禅僧のように、座れば全てが分かるという態度ではとてもビジネスは勤まりません。

最低限の知識は必要としても、自分の役割を正しく誤解のないように同僚や顧客に伝える。それによって、意思の疎通ができないことによるトラブルは最小限に抑えられますし、自分がどんなことをやっているのかアピールしやすいので、会社内で実力を認められやすくなります。
また、転職する場合でも、自分の作ったものが理解されやすいでしょう。

その意味で、エンジニアは本当の営業力を身につける必要があります。自分の仕事に忠実で、かつ独りよがりにならない人材こそ、エンジニアとして重宝されるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

cta_ss

人気のある記事7選

 

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

フリーランス エージェント
» 続きを読む

再燃したゲームエンジニアへの夢を叶えるには?

» 続きを読む

フリーランスを長く続けるための秘訣を単価相場から考える

相場価格
» 続きを読む

SE独立起業を目指す、フリーランスに必要な求人情報サイト厳選

SE独立イメージ画像
» 続きを読む

在宅も常駐も厳しいフリーエンジニアの現状を打破するためには?

フリーエンジニア 在宅
» 続きを読む

フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

se フリーランス
» 続きを読む

ITエンジニアがフリーランスで成功するための4つの考え方

フリーランス
» 続きを読む