ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト13選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職サイト

転職は多くの人にとって人生でそう何度も訪れることのない大きなイベントですから、それに至るプロセスにはそれぞれの物語があり、転職の決断に至るには大きな葛藤と、勇気を要したに違いありません。

それだけの大事ですから慎重を期したい思いも理解できますが「失敗したくない」という重いが強くなった結果、却って気負い過ぎてしまったり、一歩踏み出すことを躊躇してしまうことが多いのも事実です。

 
その原因は往々にして情報収集の不足にあることが多いのです。
 
「情報戦を制する者が転職活動を制する」という格言の通り、より多くの情報を収集し、正しい取捨選択をしていくことが、「運命の出会い(転職先)」を実現へと手繰り寄せる秘訣となります。
 
今やネット全盛の時代、IT業界に身を置くならば、ネットほど速く大量の情報を入手できる手段はありません。
 
しかも、転職系のサイトの場合は、「看板に偽りあり」な場合は、ネットの特性上その悪評も瞬く間に拡がりますので、悪質なサイトの多くはすでに淘汰されている状態にあります。
 
まずは情報戦を制するためにも、確かな情報の集まる転職サイトを活用してみましょう。そこで今回はITエンジニアが活用すべき転職サイトをご紹介します。

ITエンジニアがチェックすべき転職サイト

※参考サイト
 

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、業界ごとに専属のキャリアコンサルタントがいることが挙げられます。
40年以上の実績、長年培った転職ノウハウを駆使して業界専門のコンサルタントが業界の動向をきちんと把握したうえで相談に乗ってくれます。
 
やはり老舗であり実績も多数に上ることから企業の人事部とのつながりも強く、条件が厳しい場合での転職成功事例が多数報告されています。
 

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴は、人材派遣業大手であるパソナグループが培った企業とのパイプから、業界最大規模の求人数を誇ることにあります。
 
転職回数、業界、年齢を問わず幅広い層の転職希望者に対し、履歴書、職務経歴書の書き方から面接対策に至るまで専任の転職アドバイザーが親身になってアドバイスをしてくれます。
 

type転職エージェント

老舗に数えられる準大手の転職エージェントです。主に関東地方の求人に強みがあり、独自のパイプから独占求人や非公開求人を多数抱えているのが特徴です。
 
実際type転職エージェントを利用して転職した人のうち7割以上が年収アップに成功するなどその質の高さは業界屈指の実力を誇ります。
 

JACリクルートメント

元々イギリス進出を目指す日本企業へのサービスとしてロンドンで設立されたこともあり、海外転職に強い転職サイトであることが大きな特長です。
 
転職サイトの運営会社は、他に人材派遣なども兼務していますがJACは転職支援に特化しており、約300名のキャリアコンサルタントが求職者に合ったキャリアプランを提案します。
 

ハタラクティブ

数ある転職サイトの中でも20代でかつ未経験者の就転職をサポートしています。若年層のミスマッチによる早期退職や定職に就いていないことが多い現状を踏まえ、経験豊富なキャリアコンサルタントがマンツーマンで就職のイロハから親身になってサポートします。
 
若者向けの求人が多いので、「やる気重視」の案件も多数あることから「これからITをやりたい」人にもオス目のサイトです。
 

ワークポート

ワークポートはIT協会に特化したタイプの大手転職エージェントです。業界における知名度、影響力ともに高く最大級の求人数を抱えています。
 
業界に精通した転職コンシェルジュがマンツーマンでサポートをしてくれます。ワークポートで特筆すべきは転職コンシェルジュのサポートと、オリジナルツール「eコンシェルジュ」等を活用し、相談から紹介、そして決定までがスピーディーに行われることが挙げられます。
 
IT業界への転職を考えている人は外せないエージェントです。
 

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT、Web系エンジニアとデザイナーに特化した転職エージェントです。
 
対応地域は関東圏に絞られていることもあり、規模もさほど大きくはありませんが、利用者の満足度が非常に固く、高品質な転職支援サービスを受けられるのが大きな特長です。
 
IT系でかつ関東圏での転職を検討しているのであれば要チェックのエージェントと言えます。
 

メイテックネクスト

メイテックネクストは、製造系エンジニアに特化した転職エージェントで、転職支援会社として総合満足度5年連続1位を獲得(2011~2015リクナビNEXT調べ)しています。求人件数も業界トップクラスで、未経験OKの案件も多く扱っています。
 
経験・スキルを問わず、製造系エンジニア(IT系の業務も含む)の転職をお考えの人は、検討すべきエージェントです。
 

フォスターキャリア

フォスターキャリアはITエンジニアに特化した転職サイトで公開/非公開を問わず価値ある求人情報を登録者に提供しています。
 
転職活動あたり適職やストレス状況等を把握できる適性診断システムやスキルアップを図るための研修割引支援、キャリアカウンセリングなどを無料で利用できます。また、転職成功の際は、業界最高水準の最大20万円が贈呈されます。
 

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職を目指している人にとって知らない人がいないほどの知名度と求人数を誇る転職サイトです。当然のことながら求人の量、質ともに非常に充実しています。
 
転職決定数No.1の転職サイトでありながら、登録は自由で特別なカウンセリング等もありませんので、まずは登録して転職エージェントと並行して活用することで、希望の転職を実現する可能性を高めます。
 

ギークスジョブ

ギークスジョブは、フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイトという点の転職サイトやエージェントと趣を異にしますが、転職に加え、フリーランスとして独立企業も選択肢に入っている、
 
もしくは、本当はフリーランスが理想だが色々と面倒なので会社勤めをしようと思って転職活動をしている人には、その「面倒」や「不安」を取り除く福利厚生や事務作業サポートなどのサービスも充実しています。
 

IT求人ナビ

フリーランスITエンジニア向けの案件でも高額報酬の案件を多数取り揃えているのがIT求人ナビの特徴です。
 
フリーランスへのキャリアアドバイスを実施したり勉強会や交流会の場を提供するなど手厚いサポートを受けられるのもこのサイトの強みです。独立起業したいが何をしたら良いか分からない悩みを抱えているITエンジニアにはぜひ登録をおススメします。
 

リクルートエージェント

リクナビNEXTが転職サイトであるのに対しリクルートエージェントは転職エージェントの位置付けです。
 
登録者には「3ヵ月」という期間を区切ってその期間は手厚いサポートが受けられます。業界の老舗中の老舗だけあって専任のキャリアコンサルタントはレベルが概して高く、多数の求人を取り扱っています。
 
転職初心者に対しても転職ノウハウに関する勉強会を頻繁に行っています。
 

最後に確認してほしいポイント

これまでご紹介した転職サイトを一通りチェックし、核となるサイト数件をピックアップ。それらを軸に情報収集を行い転職活動を進めていくことをおススメします。
 

転職活動は、これからの人生の大半の時間を過ごし、かつ生活の糧を見つける重大事です。慎重を期することは言うまでもありませんが、効率よく迅速に行っていくことが成功への近道となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

cta_ss

人気のある記事7選

 

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

フリーランス エージェント
» 続きを読む

再燃したゲームエンジニアへの夢を叶えるには?

» 続きを読む

フリーランスを長く続けるための秘訣を単価相場から考える

相場価格
» 続きを読む

SE独立起業を目指す、フリーランスに必要な求人情報サイト厳選

SE独立イメージ画像
» 続きを読む

在宅も常駐も厳しいフリーエンジニアの現状を打破するためには?

フリーエンジニア 在宅
» 続きを読む

フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

se フリーランス
» 続きを読む

ITエンジニアがフリーランスで成功するための4つの考え方

フリーランス
» 続きを読む