資格

PM資格、企業で評価されるプロジェクトマネージャ資格取得

PM資格

プロジェクトマネージャ(PM)試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル4)で、「高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの責任者としてプロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者」を対象者像として規定しています。

高度情報処理技術者試験の最難関として名高く、情報処理技術者試験の中で最も合格率が低いIT業界の花形とされている資格です。

 

続きを読む

システム監査技術者の試験&資格取得、リスクとコントロール

システム監査技術者試験

システム監査技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル4)で、「高度IT人材として確立した専門分野をもち、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検、評価し、監査結果をトップマネジメントなどに報告し、改善を勧告する者」を対象者像として規定しています。

合格者は日本システム監査人協会に登録申請のうえ、2年以上のシステム監査の実務経験を積むことで公認システム監査人(CSA)に認定されます。

 

続きを読む

プログラミングの資格取得10選、これなら迷わず決められる

プログラミング資格

「プログラミングを勉強したい」という方は、プログラミングに関する資格取得を目指して行えば、目標が明確となりスキル習得もより早まるはず。そこで、プログラミング関連の資格を10個ご紹介します。また、就職や転職に役立つこともあるので、参考にしてみてください。

 

続きを読む

プログラミング検定(情報処理)最短で成果が上がる勉強法

プログラミング検定

ほとんどすべての企業にコンピューターが導入され、家庭にも広くパソコンが普及した現在、情報化社会の主役であるコンピューターを学ぶことは、現代社会を生き抜くための重要な要素となっています。それに伴って、コンピューターに関するスキルを図る様々な資格が人気を集めています。

自分の実力を図るため、またはスキルアップのためにこれらの資格取得に挑戦する人が増えているそうです。

 

続きを読む

情報処理の国家資格、初心者がとるべきITパスポート受験

情報処理国家資格イメージ画像

ITパスポート試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル1)で、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」を対象者像として規定しています。

情報処理の「入門編」とも言える国家資格で企業だけでなく、高校や大学でも資格取得を積極的に推進しています。

 

続きを読む

ITパスポート試験に合格、効率の良い勉強方法

ITパスポート試験合格イメージ画像

ITパスポート試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル1)で、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」を対象者として規定しています。

情報処理の「入門編」とも言える国家資格で企業だけでなく、高校や大学でも資格取得を積極的に推進しています。

 

続きを読む

応用情報技術者試験、1日1時間集中で高度IT人材に合格

応用情報技術者試験合格イメージ画像

応用情報技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル3)で、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象者像として規定しています。

資格取得を推奨している会社も多く、ある程度の経験を積んだシステムエンジニアやプログラマーが挑戦する試験でもあります。また、高度情報処理技術者試験(スキルレベル4)に向けての登竜門的な試験ともされています。

応用技術者試験を受けるということは、ある程度の予備知識はあるはずですので、1年前から始めれば、1日1時間の勉強でも十分間に合うと思われます。

 

続きを読む

応用情報技術者試験の受験方法 、システムエンジニア向け

応用情報技術者試験受験イメージ画像

応用情報技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル3)で、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象者像として規定しています。

資格取得を推奨している会社も多く、ある程度の経験を積んだシステムエンジニアが挑戦する試験でもあります。

続きを読む