ITエンジニア

勘違いしがちな、フリーランスとフリーターの大きな違いとは?

多様な働き方が求められている時代です。ITエンジニアとしての腕に自信がある人ならば、会社員として働くのではなく、もっと自由に自分の腕を最大限に活かせるような働き方をしてみたいと考えているのではありませんか。

実際、現代ではエンジニアとして十分な技術力を持っていれば、日本全国働く場所はいくらでもありますし、働き方も選べます。

続きを読む

ビッグデータ時代を担う、データベースエンジニアの仕事とは?

2016年1月26日の記事を再構成(文言の追加)をして、2017年度版として作成した最新記事です。

2016年、すべてのものから情報収集を可能にしたIoTがサービスとして本格的に立ち上がってきました。今まで不可能といわれていた、飲食やエンタテイメントというサービスに関する分野がいよいよ定量的にデータを集積し、分析を行えるインフラが整いました。

続きを読む

フリーランスの還付申告、間違いなくスムーズに済ませる方法 2017

「還付申告」とは納め過ぎた所得税と復興特別所得税の申告する手続きです。

申告期間は申告納税は翌年の2月16日~3月15日に、還付申告は翌年の1月1日から5年間行うことができます。

※合わせて、「フリーランスの確定申告、申告納税を間違いなくスムーズに済ませる方法 2017」もお読み下さい。

続きを読む

起業の道も夢じゃない!40代以降の中年こそフリーランスになるべき理由とは?

起業というと、若者の起業ばかりが目立ちますが、実際に創業セミナーなどの起業をしたい人が集まる場所へいってみると、創業希望者の半数以上が40代~60代くらいの方で、20代の方もいますが全体としては非常に少ないことがほとんどです。アメリカで起業家の支援や育成をしているカウフマン財団の統計調査によると、アメリカで起業家として最も活動している年齢層は、55歳から64歳までで、しかも起業家の平均年齢は年を経るごとに上昇しています。

続きを読む

仕事探しのためにフリーランスは交流会に参加するべきか?

テレビでバラエティー番組のフリートークを見ていますと、今田耕司さんが最近の若手芸人について言及していました。何でも今田耕司さんが若手の頃は、誰もがライバル心むき出しで芸人同士がバチバチとしていたけれど、最近の若手はみんな和やかで仲が良いそうです。

続きを読む