IT業界 転職

2012年から中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修となり、政府が発表した成長戦略の中には、義務教育段階からのプログラミング教育の推進が明記されています。

海外では、イギリスで2014年に15~16歳でのプログラミング教育が必修化されており、周辺諸国もそれに倣う動きを見せています。

このように、今後IT技術は全ての産業において関わる技術となり、プログラミング教育の重要性は世界的にますます高まっていく見込みです。

現在でもプログラミングの技術を持つ、もしくは習得を目指している人材は増えてきており、そうするとプログラミングができるだけではIT業界での転職は難しい、

もしくはこれからもっと難しくなっていくというのが現実です。IT業界は、プログラミングではなく開発ができる人材を求めているのです。

 

続きを読む