フリーランス

2017年、テレワーク本格化に向けた在宅フリーランスに必要な思考とは?

企業や官庁によるテレワークの導入事例からも分かるように、インターネット環境の充実によって在宅でできる仕事の幅が格段に広がりました。以前ならば在宅でできないことも簡単にできます。その結果在宅で働くフリーランスエンジニアやデザイナーの方も増えているようです。

 

続きを読む

フリーランスでも重要!名刺にのせる情報とは?

I’m a very big believer in equal opportunity as opposed to equal outcome.  Steve Jobs
(結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等であると固く信じている スティーブ・ジョブズ)

自由と平等が建前の学校現場でさえ、子供たちは世の中が不公平に溢れていることを既に感じ取っています。それゆえに、「チャンスは誰でも平等に訪れる」という教師の言葉は、子供たちを社会に失望させないための方便であることはとうに見抜いていて、気付いていないのは当の教師だけなどという、笑うに笑えない事態が全国津々浦々で発生しているのです。

続きを読む

来たる高齢化社会に向けて、フリーランスとしての「老後」を考える

歳を重ねるごとに、時間が過ぎる体感速度が速くなったように感じませんか?これは一説によると、5歳児にとって1年は人生の5分の1(20%)、20歳の青年にとって1年は人生の20分の1(5%)、50歳にとって1年は人生の50分の1(2%)であることから、年齢という分母が増えるほどに1年の重みが小さくなっていることに起因するのだそうです。

続きを読む

あえて言おう、クラウドソーシングはフリーランスを救わない!

2016年8月、安倍晋三首相は、第3次改造内閣の発足に合わせて「働き方改革相」を新設。担当大臣に加藤勝信氏が任命(一億層活躍相と兼務)されました。安倍首相は高い支持率を背景に、これまでの政権が二の足を踏んできた景気対策や安全保障にメスを入れ、思い切った政策を実現してきました。

続きを読む

フリーエンジニアの価値を「勝ち」に変えるPMスキルとは

プロデューサーとしてシステム全般を開発・構築するシステムエンジニア(SE)、ネットワークインフラの開発・設計・改善などを得意とするインフラエンジニア、仕様書に沿ってコンピュータを動かすプログラムを書き込むプログラマー……。今日においてはさまざまな職種のITエンジニアがフリーランスで活躍しています。

続きを読む

ITフリーランスなら知っておきたい「経費になるもの」「経費NGのもの」

会社勤めをしていると、税金の管理は経理部(または総務)など担当部署が行ってくれるでしょうが、フリーランスのITエンジニアなどになると毎年必ず確定申告を行わなくてはなりません。その際、誰しもが領収書を見ながら「これ、経費として落とせるのかな?」と悩んだことがあるのではないでしょうか。

続きを読む

成功するために知っておきたい、フリーランスのデメリットとは

会社勤めをしていると、ふと「このままでいいのか?」という思いに駆られる人は多いと思います。入社直後は右も左も分からずに目の前の仕事に精一杯向き合う毎日でしたが、何年か経てば気持ちにも少し余裕ができて自分の仕事だけでなく会社のことや自身の将来など考えることができるようになったと思います。

続きを読む

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

フリーランス エージェント

2015年9月30日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーでエンジニアをしていると自ら案件を探し、交渉、契約などすべて一人でやらなければなりません。企業相手の交渉では足元を見られるためか、単価を安く抑えられることもありがちです。

続きを読む

フリーランスを始めるあなたがキャリアチェンジに必要なこと

キャリアチェンジ
2015年10月8日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。
 
テクノロジーが加速度的に進化する昨今、現在のスキルが長きに渡って生活の糧となってくれる保証はありません。流行りのスキルは瞬く間に陳腐化し、数年先にはまるで化石のような扱いを受けることさえ考えられるのです。2013年、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が「人工知能の発展に伴い、10年後には人間の仕事がなくなる」という趣旨の論文を発表し話題になりました。
 

在宅も常駐も厳しいフリーエンジニアの現状を打破するためには?

フリーエンジニア 在宅

毎朝満員電車に乗って会社に出勤し、何かトラブルでもあろうものなら客先に飛んでいき、脈のありそうな見込み客があれば果敢にアタックし、夜になれば疲れた体に鞭を打って会社に戻り業務日誌を書き上げる…。

夏は茹だるような暑さに汗だくになり冬は、凍えんばかりの冷風に打たれ、擦り減った靴底は、あなたの働きぶりを何よりも雄弁に物語ります。

続きを読む

SE独立起業を目指す、フリーランスに必要な求人情報サイト厳選

SE独立イメージ画像

2015年6月27日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

SE(システムエンジニア)は独立起業を目指す人が多いと言われています。SEになる人は大学で情報処理を学んだ人やコンピューター関連の高専や専門学校を経て、IT系の企業に就職しキャリアをスタートさせるのが一般的です。

続きを読む

フリーランスが家(マイホーム)を購入するためにすべきこと

フリーランス家購入

2015年9月28日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

人生において何度も訪れることのない最大級のライフイベントが「住宅購入」といえるでしょう。しかしながら、フリーランスにとって住宅購入は、就職や結婚などのライフイベント以上にハードルが高いとされています。それは、フリーランスに貼られている「収入が不安定」というレッテルにあるのです。

とはいえ、時代は変わっても、マイホームを持つことは多くの人にとって人生のひとつの目標であり、「一国一城の主」となる大きな夢、フリーランスだって同じように夢を抱いている人も少なくありません。

ここでは、フリーランスが住宅を購入するにはどのようにしたらよいか、また、住宅を購入することで得られるメリットなどについて考えてみました。

続きを読む

フリーランスで年収1,000万円を実現するには?

フリーエンジニア 年収

「年収1,000万円」は、社会人にとっては目標であり憧れの数字でもあります。2015年の日本人の平均年収が414万円と言われているなかで、1,000万円という数字は遥か彼方でまばゆい光を放ちとても手が届く数字とは思えない人がほとんどだと思います。

続きを読む

フリーランスが老後、お金で困らないために必ずすべきこと

フリーランス老後

2015年9月25日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスの人も就業先などで、定年退職で会社を去っていく人を見送った経験はありませんか。

IT分野だと若い会社が多く、定年退職者はあまり見かけないかもしれませんが、その光景を表現するならば、それは「社会人の引退式」といっても過言ではないでしょう。

続きを読む

フリーランスITエンジニアなら目指したい、スーパーエンジニアの能力とは

スーパーエンジニア

その道の第一人者、「一芸に秀でた人」は、その一挙手一投足からみなぎるエネルギーと滲み出るような人間的魅力を感じさせてくれます。

学問、スポーツ、芸術など分野を問わず、その道を極めた人の言葉には普遍的とも言える説得力があり、多くの人たちを励まし、勇気付けてきました。

続きを読む

フリーランスを目指すSEに役立つおススメの厳選記事20

se フリーランス

高度な専門性と技術を要求されるSE(システムエンジニア)の中には、会社員の枠に収まらず、フリーランスとして活躍している人が数多く存在しています。

大工や左官など「職人さん」と呼ばれている人たちに、自身の腕一本で生計を立てていく、言わば「フリーランス」として生計を立てている人が多いことを考えれば、SEも「職人」と呼ぶに相応しい職種と言えるでしょう。

続きを読む

フリーランスになりたいITエンジニアが派遣社員から始めるためのポイント

フリーランス 求人

21世紀に入り数多くのIT長者が生まれ、彼らが時代の最先端を行く起業家として注目を浴びるようになって以降、起業を志す人が増え、書店でも起業に関する書籍が飛ぶように売れるようになりました。

これは、終身雇用や定期昇給などといったこれまでの日本型の経営モデルが崩壊し、自分のキャリアは自分で切り拓かなくてはならない時代に突入したことの証であるとも言えるでしょう。

続きを読む

ITエンジニアがフリーランスになるために必要な事

フリーランス エンジニア

現在、中堅どころで活躍しているITエンジニアがこの道に足を踏み入れたのは恐らくITが私たちのライフスタイルを大きく変えた「IT革命」の真っただ中であったと思います。

「失われた10年」とまで呼ばれた不況などどこ吹く風、これまで高嶺の花であった携帯電話やパソコンが一人一台持っていて当たり前の時代になるまでそう長くはかかりませんでした。

続きを読む

正社員とフリーランスの違いとメリットデメリット

フリーランス メリット

2015年9月16日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

景気は回復傾向にあると言われていますが、その恩恵に与っているのはごく一部。

未だ「失われた20年」と言われる不況下にあって、年功序列や定期昇給といったかつての会社のカタチは徐々に崩れつつあるのが現状です。

テクノロジーが日々進化する中で求められるスキルも労力も過去とは比較にならないほど高度なものとなっているはずですが、

肝心の給料は据置きか徐々に目減りするという憂き目にあっているITエンジニアも多いでしょう。

続きを読む

フリーランスの自分を売り込む、職務経歴書5つのポイント

フリーランス 職務経歴書

2015年9月18日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスが初めて取引する企業との契約を取り付ける際、職務経歴書の提出を求められることがあります。企業からすればフリーランスとの取引は、正直な話はじめは「どこの馬の骨ともつかぬ人間」と仕事をするようなものです。

スキル不足やミスマッチを避けるために、彼らがこれまで「何をしてきたか?」「何ができるか?」を知りたがるのは当然のことと言えます。

仕事を進めるうえで最も大切なのはコミュニケーションであることは疑う余地もありませんし、最終的には「人柄」がモノを言うことが多いのはどの業界も同じです。

続きを読む

フリーランスになって月100万円稼ぎ、ビジネスを軌道にのせる

フリーランス稼ぐ

2015年9月29日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスになる際に、最も心配な点は「いくら稼げるのか」「安定して稼げるのか」ということではないかと思います。よほどのスキルがあり、腕に自信がある人ならば話は別ですが、フリーランスを目指す多くの人は、収入面に大きな不安を抱えています。

会社員という肩書が取れた瞬間、待ち受けているのは実力だけがモノをいう厳しい世界。腕に覚えがあったとしても、万が一ケガをしたり病気になったりしたら、たちまち生活が立ち行かなくなってしまいます。ですから、フリーランスになって目指すことは、まずは、ほぼ安定して収入が得られる顧客を獲得することです。

資金繰りに頭を悩ませるのは経営者の宿命のようなものですが、ゆくゆくは、資金に余裕のある状態を作ることが肝要です。資金面で余裕ができることによって、心のゆとりが生まれます。心のゆとりが生まれることによってビジネスも良いサイクルで回っていくようになるはずです。

続きを読む

フリーランスの確定申告、間違いなくスムーズに済ませる方法

フリーランス 確定申告

2015年9月28日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算し、税務署に申告する手続きを「確定申告」といいます。確定申告によって収める税金の額が確定されます。会社勤めの頃は、会社が毎月概算で天引きをし、年末調整の際に精算する手続きをやってもらえたので特に気にも留めていなかったと思いますが、

フリーランスともなると毎年翌年の2月16日から3月15日までの間に「確定申告」を行い、税額を確定させ、きちんと納税をしなければなりません。フリーランスの方の中には毎年確定申告の時期になると浮かぬ顔をしている人も多いようです。それも無理はありません。数字や会計の知識のない人にとって確定申告は苦役以外の何ものでもないからです。

続きを読む

フリーランスが正社員に再び戻る決断、その先にあるもの

フリーランス 正社員

2015年9月19日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

不退転の決意でフリーランスになった人たちの中にも、何らかの理由で正社員に戻りたい、もしくは戻らざるを得ない状況に置かれている人もいるのではないでしょうか。ほとんどの人は、会社に就職しキャリアを積み重ねる中で、ふと自身の将来について真剣に考え、人生の重大な選択をする期間があると言われています。

正社員としてこのまま歩んでいけば、余程のことがない限り安定した収入が保証され、結婚、子育て、マイホームなど大きな支出が予想されるライフイベントも安心して迎えることができるでしょう。しかし、一度しかない人生ですから、当然のことながら「自分はこのままでいいのか?」という強い思いに駆られることもあるのではないでしょうか。

続きを読む

フリーランス、法人化のメリットとデメリット

フリーランス法人

フリーランスでの事業が軌道に乗ると、近しい関係者やコンサルタントから「そろそろ法人化しませんか?」という声がかかることもあると思います。フリーランスの中には、「雇われエンジニア」の時代を経て、自身の腕一本で生きていくために敢えて「会社」という組織を捨てて飛び出した人も多いはず。なのに、ある程度の規模になると法人化、すなわち会社を作って今度は経営者として歩み始める例も少なくありません。

仕事は同じエンジニアでも、個人事業主と法人ではどのような違いがあるのでしょうか。そのメリットとデメリットについて考えていきます。

 

続きを読む