転職

転職してネットワークエンジニアになりたいITエンジニアが知っておきたいこと

ネットワークエンジニア 転職

マニアのみならず、IT業界でもファンが多いと言われているアニメ「攻殻機動隊」は、高度にネットワーク化された近未来を舞台に繰り広げられる公安9課の活躍を描いたものです。

この物語では、電脳化によって人間の脳神経までもがインターネットに接続され、まさに「神の領域」に迫るほどの進化を遂げたIT社会の姿が強烈なリアリティーをもって視聴者に迫ってきます。

続きを読む

ITエンジニアが外資系企業で待遇と年収アップを狙うには?

外資IT

IT革命がもたらしたものは私たちのライフスタイルの変化だけではありません。通信インフラの劇的な向上により、ネットワークに繋がってさえいれば世界中どこにいても仕事ができるようになりました。

ITは、「地球の距離」を劇的に縮めた立役者と言っても過言ではないでしょう。その証拠に外資系IT企業は、世界各国に拠点を構え、様々な国籍のITエンジニアが活躍しています。

続きを読む

フリーランスになりたいITエンジニアが派遣社員から始めるためのポイント

フリーランス 求人

21世紀に入り数多くのIT長者が生まれ、彼らが時代の最先端を行く起業家として注目を浴びるようになって以降、起業を志す人が増え、書店でも起業に関する書籍が飛ぶように売れるようになりました。

これは、終身雇用や定期昇給などといったこれまでの日本型の経営モデルが崩壊し、自分のキャリアは自分で切り拓かなくてはならない時代に突入したことの証であるとも言えるでしょう。

続きを読む

フリーランスの自分を売り込む、職務経歴書5つのポイント

フリーランス 職務経歴書

2015年9月18日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスが初めて取引する企業との契約を取り付ける際、職務経歴書の提出を求められることがあります。企業からすればフリーランスとの取引は、正直な話はじめは「どこの馬の骨ともつかぬ人間」と仕事をするようなものです。

スキル不足やミスマッチを避けるために、彼らがこれまで「何をしてきたか?」「何ができるか?」を知りたがるのは当然のことと言えます。

仕事を進めるうえで最も大切なのはコミュニケーションであることは疑う余地もありませんし、最終的には「人柄」がモノを言うことが多いのはどの業界も同じです。

続きを読む

テストエンジニアの転職、需要があり、高い能力が求められる

テストエンジニア

ITエンジニアと聞くと真っ先に思い浮かぶのがプログラマーやアプリ開発など、「表の仕事」を粛々と遂行する人たちではないでしょうか?

しかし、彼らが精魂込めて作り上げた「作品」もたった一か所の不備があったがためにそれがバグとなり、不良品の烙印を押され、ともするとクライアントや市場との信頼関係を損ねることにもなりかねません。

製品開発において、製品の動作確認を行い欠陥や不具合を発見するとともに、改善策や提案により高品質な製品を作り上げていくことに貢献するテストエンジニアの存在が必要不可欠となっています。テストエンジニアは、自動車のテストドライバーとも似ています。

続きを読む

SEがステップアップするために転職を考える

ステップアップ

近年は、「転職エージェント」のCMを見かけない日がないと言えるほど「転職」が当たり前の時代となりました。あるメディアの調査によると正社員として就業している20代から30代の2人に1人以上が転職経験者であると言われています。

定期昇給や終身雇用が保証されたかつての企業のカタチは徐々に姿を消し、求めている会社、求められる会社で働く時代が到来しつつあるのかも知れません。

しかしながら、入社後数年での転職となると周囲の人、特に先輩や上司は、「お前は甘い」、「忍耐強さが足りない」、「石の上にも3年だ」などと概して「転職するにはまだ早い」というニュアンスの言葉で説得とも誹謗ともつかぬ言葉を投げかけてくることでしょう。

そこで今回は、果たして入社後数年での転職はNGなのか、今後のステップアップにならないのかを考えてみました。

 

続きを読む

転職での企業の選び方、ブラック企業への入社を回避

ブラック企業

近年、「ブラック企業」であるという評判によって業績を大幅に低下させた会社があるのは記憶に新しいところです。

この風説が広く知られるようになったのはその会社の知名度が高かったたらであって、表に出ない「ブラック企業」は星の数ほどあると考えて差し支えないでしょう。

ブラック企業を「過重労働、低賃金で社員を使い潰す企業」であるとするならば、その会社に属する社員は将来に希望も持てず、過重労働による事故や病気の危険と常に隣り合わせの状態で働くことを強いられています。また、一度入ってしまうと、辞めることが難しいのもブラック企業の特徴ですが、会社の不利益になると判断されると真っ先に切り捨てられるわけですから、根性がつく以外は何も身に付かない、これがブラック企業の実態なのです。

続きを読む

IT業界の転職市場で求めている人材は、開発が出来る人

IT業界 転職

2012年から中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修となり、政府が発表した成長戦略の中には、義務教育段階からのプログラミング教育の推進が明記されています。

海外では、イギリスで2014年に15~16歳でのプログラミング教育が必修化されており、周辺諸国もそれに倣う動きを見せています。

このように、今後IT技術は全ての産業において関わる技術となり、プログラミング教育の重要性は世界的にますます高まっていく見込みです。

現在でもプログラミングの技術を持つ、もしくは習得を目指している人材は増えてきており、そうするとプログラミングができるだけではIT業界での転職は難しい、

もしくはこれからもっと難しくなっていくというのが現実です。IT業界は、プログラミングではなく開発ができる人材を求めているのです。

 

続きを読む