転職

ITエンジニア未経験者でも大丈夫!採用を勝ち取るためのポイント

新入社員の入社後3年以内の離職率は一般的に3割程度と言われています。これは、受験勉強よりもエネルギーを注いだかも知れない就職活動を経て、意気揚々と会社の門を叩いた人たちでさえも、3人に1人は3年を待たずして去ってしまう事実は、人生最大級の「選択」とも言える就職が如何に難しいものかを物語っています。

続きを読む

SIerからWeb業界へ転職したいITエンジニアが知っておくべきポイント

web業界 転職

日本における娯楽の王様は、何だかんだと言っても「プロ野球」であることに異論を挟む人はいないでしょう。

人々の趣味が多様化し、巨人軍の試合が地上波から姿を消してもなお、プロ野球が依然根強い人気を博していることは球場に直接足を運ぶ人が増え続けていることからも見て取ることができます。

球児のみならず、多くの人たちが憧れるプロ野球界に参入できるのは全国400万以上ある企業の中のたった12社。

歴史をひもとけば、映画会社や鉄道会社、新聞社など当時栄華を誇った名門企業が球団経営に携わってきました。

続きを読む

派遣で働くITエンジニアがキャリアアップを目指す為に必要なこと

派遣 転職

派遣社員と聞けば、近年急速に拡大している非正規雇用の代表格として、とかくネガティヴな印象を持たれがちです。

特に2008年に起こったリーマンショックでは、人員整理の矛先は派遣社員に集中したとされ、「派遣切り」という言葉は、翌年の流行語大賞にもノミネートされました。

続きを読む

ITエンジニアが転職を目指す「タイミング」とは

キャリア 転職

毎春、桜の開花とともに訪れるのは、真新しいスーツを身にまとったフレッシュマンが一堂に会して行われる各社の趣向を凝らした入社式。

そこで、名高い社長が垂れる訓示は翌朝には活字となって紙面を彩ります。晴れやかな一日を過ごした新入社員たちの多くは、社会人として一人前となり、一日も早く会社に貢献できる「人材」となろうと固く決意したことでしょう。

続きを読む

「ITエンジニア採用」の話を知ることで見えてくる、自身のセールス方法とは?

itエンジニア 採用

IoT(モノのインターネット)、自動運転の自動車、人工知能の発達…とITの裾野が拡大し、私たちの生活がより便利になり、新しい技術やイノベーションが次々と生まれる中で、深刻化しているのがITエンジニアの人手不足です。

今回は、敢えて「ITエンジニアの採用」について焦点を当ててみます。

続きを読む

ITエンジニアの転職に英語は必要なのか?

itエンジニア 英語

「これからは英語力が絶対に必要だ」という言葉はもう何十年も前から使われているある意味常套句のようなものですか、実際に社会に出て「英語なしでは仕事にならない」という人は意外と少ないように思えます。

続きを読む

今、IT業界は売り手市場。ITエンジニアが転職する前にすべきこと。

IT企業転職

2015年10月21日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

私たちが営む生活のあらゆる局面でITは切っても切れない存在になりつつあります。

そして2016年はIoT(モノのインターネット)が黎明期(れいめいき)を迎えると言われ、その流れはさらに加速し、目にするものや触れるものまでITは広がっていくと考えられています。

続きを読む

SEが転職で成功するために、知ってほしい失敗例

SE転職

2015年10月16日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

沢山の情報を仕入れ、どんなに慎重な就職活動をしたとしても会社の本当の姿は実際に中に入ってみなければ分かりません。社員が生きいきと働く夢のある会社など求人広告で使われる謳い文句に「だまされた」と気付いた頃にはもう手遅れ。

続きを読む

ITエンジニアが「ブラック企業」に入らない為の、案件情報の読み解き方

it 案件情報

2008年、「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」(黒井勇人 著)がベストセラーとなり、映画化もされたことで「ブラック企業」という言葉は一気に市民権を得るに至りました。

「ブラック企業」と言えば、真っ先にイメージされるのが、劣悪な環境で、まるでボロ雑巾の如く酷使される社員の姿でしょうか。しかしながら、過酷な労働環境で知られる外資系の大手コンサルティングファームや、日本では人材輩出企業とまで呼ばれているリクルートなどをブラック企業と呼ぶ人は皆無です。

続きを読む

転職で、ブランクのあるSEが現場復帰するために必要なこと

転職ブランクイメージ画像

2015年6月27日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

ITエンジニアにとって職歴や手掛けたプロジェクト経験は、非常に重要なものとなります。

決して大げさではなく、技術力を武器に仕事をするためには知識と経験の2軸が評価の大部分を占めており、知識があるからこそ経験できていると見なされることも多く、転職市場において会社は、一般的には経験を重視する傾向です。

続きを読む

正社員になりたいIT派遣エンジニアが考えるべきポイント

技術者派遣会社

日本は職業選択の自由が憲法第22条で保障され、人生におけるチャンスを確実にものにすれば、あらゆる可能性が開けているとされています。

しかし、世の中を見れば分かるように、それはあくまで建前での話で誰しもが好きな仕事をできる訳ではありません。でなければ今頃世の中は、男性はサッカー選手だらけになり、女性はパティシエだらけになっていることでしょう。

続きを読む

人気のWebアプリ開発会社へ就職・転職を成功させるには

アプリ開発

2015年11月12日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

今や電車に乗ると車内に座っている乗客の9割以上がスマートフォンの画面にくぎ付けと言っても過言ではありません。

これだけの人が同じことをしている景色はある意味、壮観ではありますが、その大部分がゲームやSNS、ニューサイトなど何らかの「アプリ」を操作しています。

続きを読む

システムエンジニアが大手企業への転職を目指す時に必要なポイント

「マイホームは、3回建てないと満足のいく家にはならない」とよく言われます。

マイホームは、一生のうちで何度と訪れることのない高価な買い物で現在は、現実的にはなかなか実現の難しい話ですが、かつて「土地神話」と呼ばれ、地価が天井知らずの上昇を続けていた時代には、売却益で買い替えを繰り返してようやく終(つい)の棲家(すみか)に辿り着いたという人も少なからずいたそうです。

続きを読む

転職してネットワークエンジニアになりたいITエンジニアが知っておきたいこと

ネットワークエンジニア 転職

マニアのみならず、IT業界でもファンが多いと言われているアニメ「攻殻機動隊」は、高度にネットワーク化された近未来を舞台に繰り広げられる公安9課の活躍を描いたものです。

この物語では、電脳化によって人間の脳神経までもがインターネットに接続され、まさに「神の領域」に迫るほどの進化を遂げたIT社会の姿が強烈なリアリティーをもって視聴者に迫ってきます。

続きを読む

ITエンジニアが外資系企業で待遇と年収アップを狙うには?

外資IT

IT革命がもたらしたものは私たちのライフスタイルの変化だけではありません。通信インフラの劇的な向上により、ネットワークに繋がってさえいれば世界中どこにいても仕事ができるようになりました。

ITは、「地球の距離」を劇的に縮めた立役者と言っても過言ではないでしょう。その証拠に外資系IT企業は、世界各国に拠点を構え、様々な国籍のITエンジニアが活躍しています。

続きを読む

フリーランスになりたいITエンジニアが派遣社員から始めるためのポイント

フリーランス 求人

21世紀に入り数多くのIT長者が生まれ、彼らが時代の最先端を行く起業家として注目を浴びるようになって以降、起業を志す人が増え、書店でも起業に関する書籍が飛ぶように売れるようになりました。

これは、終身雇用や定期昇給などといったこれまでの日本型の経営モデルが崩壊し、自分のキャリアは自分で切り拓かなくてはならない時代に突入したことの証であるとも言えるでしょう。

続きを読む

フリーランスの自分を売り込む、職務経歴書5つのポイント

フリーランス 職務経歴書

2015年9月18日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスが初めて取引する企業との契約を取り付ける際、職務経歴書の提出を求められることがあります。企業からすればフリーランスとの取引は、正直な話はじめは「どこの馬の骨ともつかぬ人間」と仕事をするようなものです。

スキル不足やミスマッチを避けるために、彼らがこれまで「何をしてきたか?」「何ができるか?」を知りたがるのは当然のことと言えます。

仕事を進めるうえで最も大切なのはコミュニケーションであることは疑う余地もありませんし、最終的には「人柄」がモノを言うことが多いのはどの業界も同じです。

続きを読む

テストエンジニアの転職、需要があり、高い能力が求められる

テストエンジニア

ITエンジニアと聞くと真っ先に思い浮かぶのがプログラマーやアプリ開発など、「表の仕事」を粛々と遂行する人たちではないでしょうか?

しかし、彼らが精魂込めて作り上げた「作品」もたった一か所の不備があったがためにそれがバグとなり、不良品の烙印を押され、ともするとクライアントや市場との信頼関係を損ねることにもなりかねません。

製品開発において、製品の動作確認を行い欠陥や不具合を発見するとともに、改善策や提案により高品質な製品を作り上げていくことに貢献するテストエンジニアの存在が必要不可欠となっています。テストエンジニアは、自動車のテストドライバーとも似ています。

続きを読む

SEがステップアップするために転職を考える

ステップアップ

近年は、「転職エージェント」のCMを見かけない日がないと言えるほど「転職」が当たり前の時代となりました。あるメディアの調査によると正社員として就業している20代から30代の2人に1人以上が転職経験者であると言われています。

定期昇給や終身雇用が保証されたかつての企業のカタチは徐々に姿を消し、求めている会社、求められる会社で働く時代が到来しつつあるのかも知れません。

しかしながら、入社後数年での転職となると周囲の人、特に先輩や上司は、「お前は甘い」、「忍耐強さが足りない」、「石の上にも3年だ」などと概して「転職するにはまだ早い」というニュアンスの言葉で説得とも誹謗ともつかぬ言葉を投げかけてくることでしょう。

そこで今回は、果たして入社後数年での転職はNGなのか、今後のステップアップにならないのかを考えてみました。

 

続きを読む

転職での企業の選び方、ブラック企業への入社を回避

ブラック企業

近年、「ブラック企業」であるという評判によって業績を大幅に低下させた会社があるのは記憶に新しいところです。

この風説が広く知られるようになったのはその会社の知名度が高かったたらであって、表に出ない「ブラック企業」は星の数ほどあると考えて差し支えないでしょう。

ブラック企業を「過重労働、低賃金で社員を使い潰す企業」であるとするならば、その会社に属する社員は将来に希望も持てず、過重労働による事故や病気の危険と常に隣り合わせの状態で働くことを強いられています。また、一度入ってしまうと、辞めることが難しいのもブラック企業の特徴ですが、会社の不利益になると判断されると真っ先に切り捨てられるわけですから、根性がつく以外は何も身に付かない、これがブラック企業の実態なのです。

続きを読む

IT業界の転職市場で求めている人材は、開発が出来る人

IT業界 転職

2012年から中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修となり、政府が発表した成長戦略の中には、義務教育段階からのプログラミング教育の推進が明記されています。

海外では、イギリスで2014年に15~16歳でのプログラミング教育が必修化されており、周辺諸国もそれに倣う動きを見せています。

このように、今後IT技術は全ての産業において関わる技術となり、プログラミング教育の重要性は世界的にますます高まっていく見込みです。

現在でもプログラミングの技術を持つ、もしくは習得を目指している人材は増えてきており、そうするとプログラミングができるだけではIT業界での転職は難しい、

もしくはこれからもっと難しくなっていくというのが現実です。IT業界は、プログラミングではなく開発ができる人材を求めているのです。

 

続きを読む

自己分析の方法、あなたが思う理想の会社に受かるために

自己分析の方法

「就活でもっとやっておけばよかったことランキング」で堂々1位に輝いたのが「自己分析」です。就活における自己分析は、自分の強みを知り、自信をもって自分を売り込むための大切なプロセスです。

しかし、自己分析を就活だけにとどめていてはもったいありません。日常生活においても自己分析によって自身の特性を知れば、TPOに合った適切な振る舞いができることでしょう。

このように自分を客観的に見ることはとても大事なことなのです。

 

続きを読む

プログラマー初心者が、最短で仕事につく方法

プログラマー初心者イメージ画像

多くの若者が生まれながらにしてコンピューターと何らかの関わりを持つ時代となりました。コンピューターを動かすプログラムを使用して、様々なサービスを創造し、世の中に新しいシステムを築いていくプログラマーの仕事に憧れている人も多いと思います。

しかし、専門的な学校に行き、在学中に斡旋を受けたりしない限り、すんなりとプログラマーの仕事に就くことは簡単ではありません。具体的にどのようにしたらよいのかについては知らない人も案外多いはずです。また、学生時代にプログラミングを少しは覚えたものの、卒業後は他の仕事をしていた人もいるでしょう。

今回は、プログラマーになりたいけど具体的にどうしたら…という人のためにプログラマーの仕事につく方法をご紹介します。

続きを読む

SEがキャリアアップ・転職する上で、外せないポイント!

転職SEイメージ画像

SEとして数年勤めると、目の前の仕事はもちろんのこと、会社の実情や問題点など様々なことが見えてきます。現在の自身の立ち位置が明確に理解でき、その先までもが見通せるようになっていることでしょう。

そうすると今の会社ではステップアップが望めないと感じることも多くなってくると思います。組織は上へ行けば行くほどその門は狭くなり、たとえ能力があっても不相応な身分に甘んじなければならないケースも出てきます。

特に上流工程の職務を希望しても、勤務先からの受注形態等の理由で職務の変更が不可能となれば、自身の力では如何ともしがたく、転職も視野に入ってくることでしょう。

自分自身がSEとして貪欲にキャリアアップを志向しているのに、それが望めない環境ならば、迷う理由はないはずです。そこで今回は、SEが転職して、キャリアアップするために外せないポイントをご紹介します。

続きを読む

IT企業に転職するひとにおすすめの本7冊を厳選しました!

IT企業転職イメージ画像

IT業界は、21世紀初頭のIT革命以来、右肩上がりの成長を遂げています。市場規模が年々拡大する一方で深刻になっているのが人材不足の問題です。

ですから経験、未経験を問わず売り手市場のIT業界は、まさに狙い目の業界であるということができます。しかしながら、右も左も分からないズブの素人を受け入れてくれるほど甘い業界ではありません。

今回はIT業界に転職する人におススメの書籍を7冊厳選しました。これらの書籍を通じてIT企業で求められている心得を学び、スキルを一日でも早く身に付けられるよう勉強を始めてください。

 

続きを読む

失敗しない転職、リスクを抑えステップアップする考え方

失敗しない転職イメージ画像

入社した会社に満足でき、長く働くことが会社員にとっては幸せな生き方なのかも知れません。しかし、定期昇給や終身雇用といった、会社が社員の人生に責任を持ついわゆる日本型経営が崩壊しつつある昨今、転職市場が年を追うごとに活況となっています。

「給料が安い」、「ステップアップしたい」、「環境を変えたい」など転職理由は様々ですが、必ずしも転職先の企業がバラ色とは限りません。中には転職後の職場環境の問題等から、前の会社を辞めたことを後悔する人も少なくありません。

いつの時代にも転職は「賭け」とも言えるもの。今の会社を辞めるのも新しい会社に移るのも、人生における大きな決断です。そこで今回は、リスクを抑えて失敗しない転職をするための考え方をご紹介します。

続きを読む

転職エージェントの選び方、第一希望の会社に就職する

転職エージェントイメージ画像

転職エージェントは数多くあり、幅広い職種を取り扱う総合系のエージェント以外にもIT系、医療系といったように特定の業種を扱う専門系のエージェントがあり、企業規模も様々です。

今回は、第一希望の会社に転職するために、自分に合ったエージェントの選び方をご紹介します。

続きを読む