転職での企業の選び方、ブラック企業への入社を回避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブラック企業

近年、「ブラック企業」であるという評判によって業績を大幅に低下させた会社があるのは記憶に新しいところです。

この風説が広く知られるようになったのはその会社の知名度が高かったたらであって、表に出ない「ブラック企業」は星の数ほどあると考えて差し支えないでしょう。

ブラック企業を「過重労働、低賃金で社員を使い潰す企業」であるとするならば、その会社に属する社員は将来に希望も持てず、過重労働による事故や病気の危険と常に隣り合わせの状態で働くことを強いられています。また、一度入ってしまうと、辞めることが難しいのもブラック企業の特徴ですが、会社の不利益になると判断されると真っ先に切り捨てられるわけですから、根性がつく以外は何も身に付かない、これがブラック企業の実態なのです。

ブラック企業には間違っても入社しないために

一般にブラック企業は、経営者にブラック企業である自覚がないうえに、イメージ偽装した求人広告を掲載している場合が多いので、それに惑わされることなく見抜く眼力が求められます。ブラック企業で不幸な人生を送らないために、間違っても入社しないよう、ブラック企業を目分ける方法をご紹介します。

入社して後悔する前に知っておきたい、ブラック企業の見分け方

過重労働、低賃金で社員を使い潰す「ブラック企業」は当然のことながら定着率が低いためきちんと調べればその実態が明らかになります。ブラック企業に入社するのを未然に防ぐためにこれだけは知っておきましょう。

設立年度の割に従業員の平均年齢が若い

設立して時間が経っているにもかかわらず従業員の平均年齢が低い会社は、離職率が高い会社である可能性が高いです。いくら転職が当たり前と言われる時代になっても離職率の高い会社は何らかのネガティブな原因があると思って間違いないでしょう。

通年で大量の求人を出している

通年で大量の求人を出している会社も離職率が高く、しかも時期を選ばずに大量の退職者を出している可能性が高いです。しかもスキルや経験がモノをいうIT業界の転職市場で、「未経験者歓迎」とある場合は、人手不足が深刻で、「ブラック企業」である可能性がさらに高まります。

「夢」を前面に出した求人広告を出している

きちんとした企業なら、何ら隠すことなく自社の特長や具体的な待遇を求人広告に掲載することができますが、「ブラック企業」の場合、事実を載せてしまえば誰も応募してきませんので、具体的なことは触れずに、「夢」を前面に押し出すことが多いです。

もはやアピールできるのは「夢」しかない状況ですが、「本当にやりたいことはこんなことじゃなかった」「自分にはもっと得意なことがある」など、転職を考えるときには自分も夢を抱いてしまうもの。割りと「イメージ偽装」に引っかかってしまうことが多いので注意が必要です。

通勤時間が遠いだけで勝手にブラック企業と思ってしまうことも

転職活動に際し、目立たないようですが通勤時間も大切な要素です。通勤時間は労働時間に含まれませんし、通勤時間が長いほど睡眠時間が短くなる傾向にあり仕事に支障を来す場合があるという調査データも公開されています。通勤時間30分の社員と2時間の社員では、往復で3時間も差がでることを馬鹿にはできません。同じ量の残業が発生したとしても、蓄積される疲労度の違いで思わず「むちゃな仕事をやらされているのではないか」「自分ばかり過酷な労働を虐げられているのではないか」と感じてしまうかもしれません。

通勤時間を資格取得などの時間に充てるという考え方もありますが、都内の企業ならラッシュの満員電車の中で勉強などとてもできるものではありません。できることなら通勤で疲労やストレスを溜めない職場選びも考えてみてください。また、近場を選んだつもりでも、転職した職場が移転する予定があるかもしれませんので事前にしっかり確認しましょう。

その際、自ら細かい情報を確認しづらい場合は、転職エージェントを利用すると気軽に質問することが可能になるので、転職したい企業を自分で見つけた場合でも、その企業が転職エージェントに求人情報を掲載していないか確認し、応募するというのも良いでしょう。

最後に確認して欲しい

転職を決断する大切な要素は、報酬などの条件面だけでもありません。一日の大半を過ごす場所ゆえに「労働環境」や「将来への希望」も大事になってきます。せっかく入社した転職先がブラック企業で身も心も擦り減らすことのないように前もって自衛することが大切です。

自分に合う会社とはどんな会社なのか、企業規模や事業以外にも多面的に考えた転職を計画して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

cta_ss